のびやかに暮らす平屋住まい

浜松市東区S邸

 白の塗り壁と木のコントラスト、そして広い軒に覆われた品のある玄関。横開きの玄関ドアを開けると奥行きのある土間があり、外と中をゆるくつなぐ役割を果たしています。
 Sさんのご新居は段差のない平屋。できるだけ段差をなくすことにより、家全体の回遊性を高めて、家族の気配を感じられるあたたかい設計になっています。
 家づくりにあたり、3社の住宅会社にご夫婦の要望を詳細にまとめたものを伝えたところ、当社のご提案したプランが詳細な点まで要望が反映されており、非常に驚いた!と奥様。描いた夢をできる限り叶える家づくりができました。

 キッチンからも目の届きやすいよう、リビングはキッチンの横に配置。畳のリビングは日向ぼっこをしながら家族がくつろげるような空間に。ダイニングは天井を高く、床板は無垢の桜の木を使用しました。

 リビングとダイニングは壁で仕切るのではなく、天井の高さや違う床の質感にすることで別のスペースに。
 リビングの横には、家事がしやすいように3帖の物干場もあります。

 ウオークインク口ーゼッ卜やカウンター下、そして2階は納戸とたっぷりの収納があるので、家の中がすっきりとした状態に。住みはじめてから半年、掃除もしやすいし快適ですよ、とご夫婦の笑顔がとても幸せそうでした。

施工事例を見る
戻る