『もったいない』からはじまった、想い出を紡ぐ家づくり

浜松市東区K邸

Kさんが160年前の茅葺屋根の母屋を建て替えることを決めたのは2年前。シロアリ被害と雨漏りがひどかったため、50年前に増築した工房以外を全て建て替えることにしました。

新居に希望した主な条件は2つ。1つ目は、旧宅の食卓の北側の窓から見えた景色を新居にそのまま受け継ぐこと。そしてもう1つは旧宅の雰囲気を再現したいとのこと。建物自体は確かに老朽化が進んでいましたが、建具や玄関土間の床板、飛石、照明機器などは思い入れが強く新居に生かしたいとのことでした。

実際の家づくりでは、間取りは以前とほぼ同じで、形状で寸法の違う建具を活用し、傷みのひどいものは手を加え塗装も施しました。古材以外は確かな材料の自然素材を選択。そして、北側の窓はお気に入りの景色を眺められるよう大開口にし、旧宅の時と同じガラス戸で柔らかい光を室内に採りこめるようにしました。夏は風が通り、冬は陽だまりが暖かさをもたらします。

和紙と漆喰の壁や、手刻みで木を組んだ現し天井が自然素材の心地よさを感じさせ、「真冬でも旧宅に比べて1枚服が少なくて済むし、無垢の杉板の床のぬくもりで裸足で過ごせます」と。ご友人たちも、「新しいのに、なぜか懐かしい」と口を揃えるそう。「理想通りの家が実現し、寿建設さんには『感謝』に尽きます」と御家族。『もったいない』を共感した結果、家族の想いを紡ぐ味わい深い住まいが実現しました。

施工事例を見る
戻る