世帯住宅

独立型二世帯住宅 親子のちょうどいい距離

先々を考え、親世帯と共に暮らすための家を建てたO様。
二世帯住宅の設計にあたり、一番考慮したのは“互いの世帯が気兼ねなく、暮らしやすい間取り”であること。
二世帯住宅は共有部分の持ち方で様々なタイプがありますが、ご家族が選択されたのは、玄関をシェアする『独立型二世帯住宅』。
隣に暮らしているから、困ったときはいつでも助け合える安心の距離感ながらも、キッチン・お風呂・洗面・トイレなど水回りを各世帯それぞれに確保することで、自分たちのペースで暮らせる間取りとしました。
子世帯のリビングは丸みのあるアーチ開口の出入り口や、ダウンライト、アクセントの壁紙が映え、優しくナチュラルな雰囲気に仕上がっています。

お客様の声を見る

白を基調とした明るいダイニングスペース

ブルーの扉がすてきなリビング 隣の部屋とはドアで区切ることもできる

グレーの引き戸を開けるとベッドルーム

スキップフロアの下は半地下(子供の遊び部屋)

ダイニング横にある、奥さまの家事室

階段途中にあるスキップフロアが魅力

シューズクロークがあるから玄関がスッキリ

一覧へ戻る